看護師求人ランキング|転職サイトを一覧にして比較!

転職したい看護師さんのための転職サイトランキング!

看護師の求人サイト 看護roo!

看護roo!を運営するクイックは人材ビジネスで30年の歴史がある、

安心の看護師専門の求人サイトです。

 

利用者満足度は96.2% で最も選ばれている看護師さんの転職サイトです。

 

関東、関西、東海エリアに特化した求人数も豊富で、
求人数20,000件以上、非公開求人も多数あります!

 

利用は無料、会員登録はかんたん30秒で完了します!

求人数 取扱い求人エリア 評価
約20,000 件 関東、関西、東海エリア 看護師求人ランキング

ナース人材バンク

厚生労働省より認可を受けサービスを提供している完全無料のサービス!

 

求人数は全国最大級で60,000件以上!
利用している看護師さんはなんと年間10万人にもなります。

 

ナース人材バンク独自の案件も多く、会員登録をすることで、
それらの非公開求人も探すことができます!

 

給与交渉やシフトについてまで、面倒なことは全て
コンサルタントが手伝ってくれるので働きなら転職活動ができます。

求人数 取扱い求人エリア 評価
約60,000 件 全国 看護師求人ランキング

ナースではたらこ

ナースではたらこは、上場企業であるディップが運営している

看護師のための求人転職サイトです。

 

看護師人材紹介で顧客満足度第一位!(2012年楽天リサーチ調べ)

 

全国看護師募集の約90%の情報を持っていて、
その総数は9万件にもなり、非公開の求人データも多数あります。

 

サービスはすべて無料!
パソコン、携帯から約1分で登録できます。

求人数 取扱い求人エリア 評価
約90,000 件 全国 看護師求人ランキング

看護師の転職サポート マイナビ看護師

転職業界大手の「マイナビ」が運営をしている看護師専門の転職サイトです。

 

求人数は約10,000件ですので、それほど多くは感じられませんが、
質にこだわった求人が多く扱われいてます。

 

そのため、利用をした看護師さんのアンケートでは
92.3%の方が「満足」と回答をしています!

 

大手「マイナビ」のサイトですから登録をしておいて損はないです!

求人数 取扱い求人エリア 評価
約10,000件 首都圏・関西・東海 看護師求人ランキング

ナースフル

ナースフルは、「とらばーゆ」「タウンワーク」「リクナビ」などで、

年間100万人以上の転職を支援しているリクルートグループが運営している、
正職員として働きたい看護師さん向けの転職支援サービスです。

 

サイトで公開している求人のほか、非公開求人も多く、
会員登録をして始めて知ることができます。

 

リクルートならではの質の高い求人をぜひ紹介してもらいましょう!

求人数 取扱い求人エリア 評価
非公表 首都圏・関西・東海・九州 看護師求人ランキング

CBネット看護師

「キャリアブレインネット」は、託児所つき、日勤のみ、残業なしなど、

あなたの要望に合った求人案件をご紹介いたします。

 

複数の転職サービスに登録した方々からも、「職場の雰囲気や内情、
業界の情報なども提供してくれて、とても親切だった」と高評価を得ている
サービスです。

 

寮や借り上げ、赴任手当などの手厚い住宅補助が魅力の求人案件も多数!

 

会員登録は1分で完了します。

求人数 取扱い求人エリア 評価
約10,000 件 全国 看護師求人ランキング

円満に転職するポイント

看護師が、転職する時に気になることの一つが円満に転職できるかどうかです。

 

転職するにしても、今まで一緒に働いて来た同僚とは円満に別れたいものでしょう。
円満に転職するには、やはり周囲の人への配慮が大切です。

 

その為には、転職の意志をなるべく早めに伝える必要があります。最低でも、1か月半から2カ月前に直接の上司に報告しましょう。

 

その前に仲の良い同僚などに話してしまうと、誤解を招いてしまうのでまずは上司に報告することをお勧めします。その際に辞める理由を聞かれても今の職場に不満があるというような趣旨の話は、するべきではありません。自分のスキルアップの為というポジティブな理由にする方がいいでしょう。

 

こういう場合、よく立つ鳥跡を濁さずと言われますが、まさにその精神を必要とされます。今までお世話になった事に対する感謝の言葉を伝える事が出来たら、上出来です。

 

最後は、仕事の引き継ぎです。転職の為に辞めるという事は、どうしても同僚に迷惑を掛けてしまいます。誠意ある引き継ぎで、相手の負担を出来るだけ少なくしてあげるべきです。

 

円満に退職してこそ、より良い転職のスタートができるのではないでしょうか。

ジャンル別 看護師転職のポイント

看護師の経験は医療機関に何年就いたかではなく、その機関でどんな診療科目に就き、
どんな疾病を主に携わってきたのかという業務の深さもポイントになってきます。

 

外科であればオペの準備から執刀医のサポートなどがあり、がん患者の緩和ケアではがんに関する疾病の特性や患者への向き合い方があり、小児科では子ども特有の疾病への理解があり、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病であれば合併症の危険性などにも目を配る必要があります。

 

疾病それぞれに経験値や専門性があり、具体的な看護実績が転職のアピールポイントにもなるのです。

 

また、病院勤務であれば分業も多いのですが、クリニック勤務の看護師であれば、薬の準備や管理、検診から治療・注射まで多岐にわたる業務をこなす必要も出てくるなどオールラウンドプレイヤーとしての看護師が求められることがあります。

 

医療機関の形態、診療科目、疾病の種類などそれぞれに専門性があると言え、看護師の転職では具体的な医療業務内容をアピールポイントとしてまとめることが肝要です。

看護師が辞職をしやすい時期

看護師として働き始めて1年目の時期、もしくは4〜5年目の時期に辞職する人が多いようです。

 

ある調査のデータによると、1年目で退職する看護師は10人に1人の割合に上るそうです。
1年目というと20歳前後、まさにこれからという年齢です。

 

しかし、理想を描いていた職場、看護師像の乖離から1年で辞めてしまう、そんなケースが多く、この時期に辞職をされる方の動機は、看護師の業務の過酷さに辛くなったという場合がほとんどのようです。

 

看護師として3〜4年働いて、仕事にも慣れ出した時に辞職をされる方も少なくないのですが、その方々の動機はどのようなものなのでしょうか。

 

それは、キャリアアップをしたいという動機です。この時期に辞められる方は、他の職場で経験を積み、スキルを磨いていきたいという向上心の高い方が多いようです。

 

また、「新人の頃から怒涛のように働いてきてそろそろゆっくりとしたペースで働きたくなった」という方や、「3年間働けば退職金がもらえるので、それを目安にしていた」というような方もいるようです。

看護師の転職のメリット

転職の目的はキャリアアップ、待遇、給与面の向上といった要素に集約されるでしょう。
つまり、より良い環境を求めるということになり、看護師の転職においても同様です。

 

看護師と一口に言っても、職場環境や待遇、給与といった労働条件は大きく異なります。
福利厚生や人間関係はもちろんのこと、休日の取り方、シフトなども職場によってかなり違いがあるので、転職するとなった場合、前の職場よりもよい環境で働けるようになる可能性は低くありません。

 

例えば同じ給与でも、勤務時間の不規則さが軽減されたり、逆に勤務時間がより不規則になってもそれを補う給与が保障されたり、または多少給与が下がっても時間の自由を得ることができたり、と環境を変えることで得られるメリットがいくつもあります。

 

また、女性が多い職場ということで、人間関係のトラブルで転職を考えることもありますが、職場を変えることでトラブルから解放されることもできるでしょう。

 

転職の大きな目的の一つであるキャリアアップも期待できます。異なる環境、業務を経験することは自分の知識やスキルに磨きかけるでしょう。